世界へ発信!ニュースで英語術 2018/4/2(月) CLASSROOMS GO DIGITAL「教室がデジタル化」
CLASSROOMS GO DIGITAL「教室がデジタル化」
classrooms go digital

Students may no longer need blackboards and notebooks. Starting in April, a junior high school here in Tokyo will feature a digital classroom.
The University of Tokyo and IT firm Fujitsu are running the yearlong test project. This comes as the Japanese government promotes education using digital technology.
Students use digital pens to take notes. A ceiling camera captures what they’ve written and projects it on their desks and on a whiteboard. The whole class can share the information.
The system records notes and comments made by the students. That could also make evaluation by teachers easier.

生徒たちには、もう黒板もノートもいらなくなりそうです。ここ東京にある中学校で、4月からデジタル教室が始まります。
東京大学とIT企業の富士通は1年間、(教室をデジタル化する)実証実験を行います。この実験は、日本政府がデジタル技術を活用した教育を推進していることを受けて行われているものです。
生徒たちが電子ペンを使ってメモを取ると、その内容を天井に設置したカメラが捉えて机の上とホワイトボードに映し出し、教室全体で情報を共有することができます。
このシステムは生徒のメモと意見を(データとして)記録するため、先生たちも(学習の)評価がしやすくなるかもしれません。

no longer …「もう(もはや)~ない」
starting in ..「~から、~以降」
feature 「特色として備える」
IT information technologyの省略形で、「情報技術」
run 「実施する、行う」
yearlong「1年間の、1年間にわたる、1年続く」です。year-longと綴ることも

this comes as …「これは~の中で起きている」
promote 推進する
take a note 「ノートを取る、記録を取る」
ceiling 天井
capture「捉える」
what they’ve written 「彼らが書いたもの」
project  映し出す
classは「学級(の生徒たち)」
the whole …「~全体、全ての~」
comment 「意見、論評、コメント」
could 「〜するかもしれない」で、見込み
make … easierは「〜をより容易にする、行いやすくする」
evaluation 評価

- キーワード
note
名詞 メモ、覚え書き、短い手紙、書き置き、記録、文書、注記、音、音色、声色
動詞 注意を払う、覚えておく、注意する、言及する、書き留める

lecture notes 「講義録、講義ノート」
正式な「文書」という意味もあり、a diplomatic note「外交文書」

If I’m not in my office when you drop by, please leave a note on my door.
note 「書き置き、置き手紙」
drop by「(ぶらりと)立ち寄る、ひょっこり訪ねる」
立ち寄っていただいたときにもし私が事務所にいなかったら、ドアに書き置きを残してください。

Please note that there will be a fire drill on Friday morning at 11:00.
消防訓練が金曜日の午前11時にあることにご注意ください。
「注意を払う、覚えておく、注意する」です。重要なことなどに注意をひくため「言及する」と
please note thatの形で、that以下のことに「ご注意ください」




Comments

comments

No tags for this post.