遠山顕の英会話楽習 2018/5/9 #‎遠山顕の英会話楽習 Grammar for better conversation
+thingでいろいろなことを言ってみる

物体を表すSF映画では、恐怖を狙った次のような場面でthingが効果的
That thing…that’s not a thing。It’s a living creature!
あの物体……あれは物じゃない。生き物なんだ!

What’s this thing called?
これは何という物ですか?

Everyone is wearing that green thing.
全員があの緑の物を身につけていますね。

「物、物体」
を表すことですが、そのほかに、これから挙げるようなさまざまな物事を伝える機能があります)A-23出来事や行為を表す同じことが繰り返されがちな日常にも、時に変わったことが起こるものです。そんなときは、

+出来事、行為
A funny thing happened on the way to the station.
駅へ行く途中で変な“オモシローイことが起こりました
a funny thing = a terrible thing

It’s a good thing she changed jobs.
彼女が仕事を変えたのはいいことだ。

The only thing I can do well is (to) grow flowers.
私が唯一うまくできることは花の栽培です。

-チャールズ・ディケンズ作 『二都物語」の最後は、
人のために自分の命を犠牲にする語り手の言葉で終わりますが、その行為を日常的な言葉遣いで述べて感動を呼びます。
It is a far, far better thing that I do, than I have ever done…
私がすることは、私が今までしたことよりはるかに、はるかによいことなのです。
it is a far, far better rest that I go to than I have ever known.”

I don’t know if I can do this as nice as
Sure you can.
Or she can.
I’ll try.

thingを使った会話をチェックしましょう。
中古車展示場で背の高いビニールの人形が踊っているのを見で…..。

A:What’s that?
B:What’s what?
A:That thing over there。
B:What thing?
A:That big red vinyl thing that’s dancing.
B:Oh、an air dancer!
A:A what?
B:It’s called an air dancer.

A:あれは何?
B:何って何?
A:あそこのあのもの。
B:ものってどの?
A:あの大きな赤いビニールの踊っているもの
B:ああ、エアダンサーね!
A:何ですって?
B:エアダンサーと言うの。




Comments

comments

No tags for this post.