ゴガクル英語 ‏@gogakuru twitter 1/2 -1
◎お昼のミニテスト◎【ラジオ英会話】フレーズ集でリスニングテスト
We enjoyed having you. You’ll have to come back again.
来ていただいて楽しかった。またぜひいらしてくださいね。

haveには「迎える、招待する」の意味があり、Thank you for having me.というお礼の言葉もあります。You’ll have toは未来の義務を表しますが、楽しいことに強く誘う場合にも使えます。

I hate to ask this of you.
実に頼みにくいことなのですが。

I hate to… は「…しにくいのですが」という便利な出だしです。またask you this でも意味が通るところを、ask this of you と語数を増やすことで、丁寧感を出し、かつ、あなたに、と強調することができます。

I’m afraid you’ll have to ask them about that.
悪いけど、それは彼らに訊いてもらわないと。

情報提供を控える表現。悪いのですが、残念ですが、という I’m afraid を頭に持ってきて、you have to … よりインパクトの弱い you’ll have to … (…してもらわないと)を使い、 ask them の them を強調します。

I wish you all the luck.
すべて幸運に恵まれますよう。

Whatever you think is best.
あなたが一番いいと思うことを。

意向を伝える表現。Whatever. で「何でもいい」、Whatever you think. で「あなたの思うとおりに」、Whatever you think is best. で、「あなたがベストと思うことでオーケー」という意味あいです。

Excuse me, miss. I think this is yours.
あのう。これ、あなたのだと思うのですが。

s this yours?と質問するより、I think this is yours.と予測したほうが、より積極的な物言いになります。

Look who’s talking!
それは自分のことでしょう!

向けられた非難の矛先を逆にする表現。この場合の look は「確かめる」こと。「そんな話をしている人をよく確かめたらどうか!」、つまり「そういう話をしているあなたこそ問題だ!」という気持ちです。

Maybe you shouldn’t climb up that tree.
その木は登らないほうがいいかもしれませんよ。

Maybeでインパクトをぼかします。Perhapsもそれなりに使われています。You should/should’tでスタートしないように気を遣いましょう。

Look on the bright side.
プラス思考でいきましょう。

いいところもある、と提案するためのきっかけ表現。Look on … は、「…を眺める」という意味。the bright side (明るい面)を考えよ、ということで、そのあとで具体例を出すのが普通です。

I want to commend you on the way you handled everything.
すべてのことへのあなたの対応は、とても立派でした。

褒める表現。commend は「褒める」こと。 I’d like to commend you … は、改まった正式な感じ、I want to commend you … は、自分の強い気持ちがそのまま出た、というニュアンス。褒めたい事柄を on 以下で表します。




No tags for this post.