高校生からはじめる「現代英語」2018/6/26 New edition of dictionary reflects social change
26 火 Lesson12 Part1
New edition of dictionary reflects social change
辞書の新しい版が社会の変化を反映

And here’s one for those hoping to have the last word.
A new edition of a best-selling Japanese dictionary has just hit stores. It contains entries that reflect the social trends of the past decade.
The seventh edition of Kojien contains 250,000 words and names. About 10,000 of these are new entries. One new word is ‘”black kigyo,” which means a company that pays little or no heed to its workers’ welfare.
The dictionary includes many internet and IT-related terms. Examples include “sumaho,” short for “smartphone,” and “apri,” meaning “app.” The Japanese equivalent of “tweet” also made its debut in the time-honored dictionary.
Some new entries are linked to the 2011 earthquake and tsunami, as well as the nuclear accident in Fukushima.
One example is “hairo.” It denotes the decommissioning of a reactor.
“Anzen shinwa” means “safety myth,” referring to a long-held view that nuclear energy is always safe.

The dictionary was first published in 1955. It was last revised in 2008.

edition 版 , version
hit stores 店に並ぶ、(一斉に)発売される
entry (辞書に収録された)項目、収録語 
decade 十年
heed 注意
pay heed to ~に注意を払う 
welfare (健康で)暮らすこと、福祉
app アプリ 
equivalent (equal value 等価)の、相当するもの
debut デビュー 
time-honored 由緒ある、歴史ある
denote ~を(記号)で表す、(記号などが)~を意味する
decommissioning 任務をとりあげる(廃炉にする)
reactor 原子炉
myth 神話、作り話 
refer to (言葉で)指し示す、~について述べる
long-held 長年の
revise 改訂する、修正する

ここ(アナウンサーの手元)に~のための1つ(ニュース)があります。
最後のひと言を言いたい人のための1つ(のニュース)です。
ベストセラーの日本語の新しい版が、ちょうど発売になりました。
それは、過去10年間の社会の傾向を反映する項目を収録しています。

「広辞林」の第七版は、25万の単語と名称を収録しています。このうち、およそ1万は新しい項目です。
ある新語は「ブラック企業」で、それが意味するのは、労働者の福祉にほとんどあるいはまったく注意を払わない会社です。
この辞書は、多くのインタネットとIT関連の用語を収録しています。
1つの例は「廃炉」です。それは原子炉の任務を取り上げることを意味します。
「安全神話」の意味は「safety myth」で、原子力エネルギーは常に安全であるという長年の見解を指しています。
この辞書は1955年に初めて出版されました。それが前回改訂されたのは2008年です。


And here’s one for those hoping to have the last word.
最後の一言をいいたい人のための一つのニュース。物事を最終決定権を持つ人のためのニュース。
the last word
the latest word 最新の単語

last の意味、最後ではなく、「前回」
It was last revised in 2008. それが前回改訂されたのは2008年です。

lastは「最後に」という意味ですが、ここの場合「最後に」というよりも「今回の物を除いて最後に」つまり現在のものよりひとつ前に、つまり「前回」という意味です。

last weekも最後の週というよりthis week今週を除いた最後の週、つまり「先週」を指します。

Internet, internet
固有名詞の場合、先頭の文字は大文字になり、一般名詞の場合は小文字になります。
最近、一般名詞と見なされるようになりました。従って、現在では小文字の「internet」が一般的に使用されます。




Comments

comments