高校生からはじめる「現代英語」2018/8/7 #高校生からはじめる「現代英語」
7 火 Summer Special Day3

What do you think Kazuo Ishiguro Nobel Banquet Speech so far? Are you getting used to a style and manner of the delivery.

Now let’s listen to today’s part.

We live today in a time of growing tribal enmities, of communities fracturing into bitterly opposed groups. Like literature, my own field, the Nobel Prize is an idea that, in times like these, helps us to think beyond our dividing walls, that reminds us of what we must struggle for together as human beings.
It’s the sort of idea mothers will tell their small children, as they always have, all around the world, to inspire them and to give themselves hope.

enmity (enemyに対する相互の)敵意、憎しみ、恨み
community (地域)社会、共同体 
fracture 砕ける、バラバラになる
bitterly (bitter苦いように、激しく 
opposed 対立する
literature letter文字で書かれたもの、文学、文献
beyond our dividing walls 分断する壁を越えて
struggle for ~を求めて奮闘する 
human beings 人間、人類
sort of たぐいの 
inspire 刺激を与える、触発する 
as ~のように

私たちが今日生きているのは、高まりつつある部族の敵意の時代です。コミュニティが分裂していく、苦々しく対立したグループへと。文学と同じように、私自身の分野、ノーベル賞はこのような時代において、私たちを分断する壁を越えて考えることを助けてくれる理念です。私たちが人類として一緒に奮闘して求めなければならないことを思い起させる。
それは、母親が小さな子どもに話していくたぐいの理念です。そのように彼女たちは常にしてきたのです、世界中どこでも、彼らに刺激を与え、自分たちに希望を与えるために。

Am I happy to receive this honor?
Yes, I am. I am happy to receive the Nobel sho, as I instinctively called it when, minutes after receiving my astounding news I telephoned my mother, now 91 years old.
I more or less grasped its meaning back then in Nagasaki, and I believe I do so now. I stand here awed that I’ve been allowed to become part of its story. Thank you.

instinctively 本能的に、無意識に 
astounding 驚くべき
more or less 多かれすくなかれ、多少は 
awed 畏敬して、畏怖して

私はこの栄誉を受けて幸せでしょうか?
はい、幸せです。
私は「ノーベルショウ」を受け取って幸せです。そのように(日本語のノーベル賞)私は直観的にそれを呼びました。その時は、私の驚くべきニュースを受け取った数分後で、私は電話をかけたのです、私の母、いまでは91歳に。

私は多かれ少なかれその意味(ノーベル賞の意義)をつかみました、昔のあのときに長崎で。そして今そうしている(意義を理解できている)と信じています。
私はここに畏れおののき立っております、その(崇高な)物語の一部になることを許されて。
ありがとうございました。

I more or less grasped its meaning back then in Nagasaki, and I believe I do so now.
私は多かれ少なかれその意味をつかみました、昔のあのときに長崎で。そして今そうしていると信じています。

I more or less grasped its meaning

back then in Nagasaki,

and I believe I do so now.


Please do your best to do the hanyaku training for all the sentences in this speech.


I hope you’re able to understand and appreciate the impact of Ishigurosan’s speech.




Comments

comments

No tags for this post.