基礎英語3 2017/11/21 #‎基礎英語3
21 火 L106 がまんよ
公演後、アミールは先輩のワンダに相談を持ちかけます。

So, Wanda, I want to ask you…
How I juggled comedy and academics, right?
How did you know?
Every aspiring comic in school goes through that. You are not the only one.
I know….but I don’t want to go to school anymore. This is what I want.
Amirr, you have your whole life to pursue comedy, but you only have seven more months before you graduate. Just be patient. Graduate, and then you can focus all your time on comedy. One job at a time. Every job a success.
Why does that sound familiar?
Probably because you’ve heard it before.

Just like Sarah. Wanda also believes in “One job at a time every job a success. Great minds do indeed think alike.

+Words
juggle (時間・仕事などを) 両立する・やりくりする
academics 学業
aspiring 意欲的な、野心のある
comic コメデイアン
go through..  ~を経験する
pursue ~を追求する
patient 我慢する、忍耐強い 形容詞
sound familiar 聞き覚えがある

Q: What does Amiir tell Amiir about his problem.
A: You’re not the only one.

+関係代名詞 what
これがわたしの望んでいることです。
This is what I want.
このwhatはそれ自体に先行詞を含む関係代名詞で、
the thing(s) which [that](~すること・もの)とほぼ同じ役割をします。
What he did is wrong. 彼のしたことは間違っています。
=The thing which he did is wrong.
whatがつくる関係節は主語、目的語などの位置におかれ、名詞と同じ役割をします。
 Can you bring what you bought yesterday?
 昨日買った物をもってこられますか? 目的語
 Everyone laugh at what I said.
みんなが私の言ったことを笑いました。
1). This is what I think. これは私が考えていることです。
what I want 欲しいもの
what I feel 感じていること
2). This is what I’m ashamed of. これは私が恥ずかしいと思っていること
3). That is what I’m going to do. それは私がしようとしていることです。

これが自分の将来について考えていることです
This is what I think about my future.
これが来見た日に望むことです。
This is what I want from you all.


a. Here is the state-of-the-art smart phone.
こちらが最新式のスマートフォンでございます
b. I’m afraid this is not what I want.
生憎、これは私が欲しいものではありません。
state-of-the-ˈart adjective
using the most modern and recently developed methods, materials, or knowledge
state-of-the-art technology
His new laptop is state-of-the-art.




Amirr:
それで、ワンダ、 あなたに聞きたいのは・・・。
Wanda:
わたしがコメデイ―と学業をどう両立したか、でしょ?
Amirr: どうしてわかったの?
Wanda:
意欲的な学生コメデイアンはみんなそれを経験するわ。あなただけじゃないのよ。
Amirr:
わかっているけど・・・もう学校に行きたくないんだ。これが僕の望んでいることなんだ。
Wanda:
アミール、あなたは一生お笑いを追求できるわ。でも学校を卒業するまであと7か月だけよ。がまんよ。卒業しなさい、そうしたら自分の時間をすべてコメデイ―にあてることができるわ。仕事はひとつずつ励めば、すべて成功する。
Amirr:
それなんか聞き覚えがあるな、なんで?
Wanda:
たぶん前に聞いたことがあるからでしょう。


テキストを持っていませんので、聞いて書き取っています。
間違っている箇所もあるかも知れません。

No tags for this post.