世界へ発信!ニュースで英語術 2018/5/29 (火) PLAYER: COACHES ORDERED LATE HIT 「選手によると、監督がレイトヒットを指示」
player: coaches ordered late hit
2018年5月22日のニュース

We turn now to the latest development in a controversy that has gripped Japan. A college football player says his coaches ordered him to crush the opposing quarterback. That’s why he says he carried out a controversial late tackle that sent the QB to hospital.

Many Japanese were glued to their televisions as the Nihon University defensive lineman apologized to the Kwansei Gakuin quarterback.

During the game on May 6th, the lineman barreled towards the quarterback’s blindside two seconds after he had released the ball. The quarterback is expected to take three weeks to heal and has since filed a police complaint.

The team’s head coach, Masato Uchida, resigned last week to take responsibility for the hit. But he told university officials that he never instructed the player to break the rules.

The scandal has dealt a major blow to the sport as the two universities have long been Japan’s top team.

次は、日本中が注目している論争についての最新情報です。大学のアメリカンフットボールの選手が、相手チームのクオーターバックを潰すよう(前)監督やコーチから指示されたことを明らかにしました。選手はその指示に従って、相手のクオーターバックを入院させることになった問題のレイトタックルを実行したということです。
日本大学の守備のラインマンの選手が(記者会見で)関西学院大学のクオーターバックの選手に謝罪する様子に、多くの日本人がテレビにくぎ付けになりました。
日本大学の選手は5月6日に行われた試合中、相手のクオーターバックがボールを離した2秒後、(無防備な状態だったところに)死角からタックルしました。これによってクオーターバックは全治3週間のけがを負い、その後、警察に被害届を出しました。
日大アメリカンフットボール部の内田正人監督は先週、反則行為の責任を取って辞任しましたが、日大関係者には選手に反則行為をするよう指示したことはないと述べています。
今回の問題は、日本大学と関西学院大学(のアメリカンフットボール部)が長年にわたって日本の強豪チームだったことから、アメリカンフットボール界にとって大きな打撃となりました。

turn to- ~のほうを見る、次に~のことを考える、 (ニュースの話題を移す)
the latest development 「最新の展開」
controversy 論争、論議
grip しっかりつかむ、 ここでは比喩的に「心をわしづかみにする」
football ここでは「アメリカンフットボール」
order A to- Aに~するように命じる
crush 潰す
opposing 対戦相手の、 opposing quarterback 対戦相手の「クオーターバック」(アメフトのクオーターバックは、チームの攻撃を指揮する選手)
that’s why- それが理由で~ (前の文を受けて「監督の指示があったので~」)
carry out 実行する、実施する
controversial 物議を醸す、議論の的になる、 controversy 論議
late tackle 「レイトタックル」(ラグビーやアメフトでボールを手放した選手にタックルする反則行為)
QB = quarterback
to hospital =(UK)、 to the hospital =(US)
glue 接着剤、 (テレビなどに)くぎ付けになる
defensive lineman 「守備のラインマン」(アメフトで攻撃のクオーターバックをタックルする守備チームの選手)
the Kwansei Gakuin = Kwansei Gakuin University = KGU 関西学院大学
barrel 突進する、突っ走る =(インフォーマルなアメリカ英語)
blindside = blind side 無防備の側、死角、盲点、弱点、すき
release 放つ、離す
heal (病気やけがが)治る
file a complaint 告訴する、訴える、苦情を申し立てる、
  file a police complaint 警察に被害届を提出する
the ream’s head coach =「日大のアメフトチームの監督」
  日大の監督やコーチを英語で表現すると、内田監督= head coach 、森ヘッドコーチ= coach 、井上コーチ= assistant coach となります。
resign 辞任する
take responsibility 責任を取る
instruct 指示する、 instruction 指示
break rules 規則を破る、反則する
scandal 醜聞、不正行為、スキャンダル
deal-dealt-dealt deal a blow 打撃を与える

-キーワード
grip しっかりつかむ、心をつかむ
grip つかむこと、支配力、理解力、握力、グリップ

名詞で
After two weeks lost at sea, the man was beginning to lose his grip on reality.
「2週間海で漂流したのち、その男性は現実が把握できなくなり始めた」

*. a controversy that has gripped Japan 「日本中で注目されている論議」

1). grippingは「(話や映画などが)心を強く捉える、興奮させる、魅了する、興味を引く」 形容詞
The crime thriller was so gripping that Bernie stayed up all night finishing it.
 その犯罪スリラー小説があまりに面白かったので、バーニーは徹夜して読了しました。
gripping (話や映画などが)心を強く捉える、興奮させる、魅了する、興味を引く
crime thriller (小説や映画などの)犯罪スリラーもの
stay up all night 徹夜する

2). come to grips with 「~を把握する、~に正面から取り組む、~を理解し始める」
“I just updated my smartphone OS,” Jody said. “I’m trying to come to grips with the new interface.”
「スマホのOSを更新したばかりなの」とジョディーが言いました。「新しい画面操作を理解しようと、がんばってるところよ」
come to grips with- ~を把握する、~に正面から取り組む、~を理解し始める




Comments

comments

No tags for this post.