世界へ発信!ニュースで英語術 2018/7/12 (木) Korean air chief questioned by prosecutors
KOREAN AIR CHIEF QUESTIONED BY PROSECUTORS 「大韓航空のトップが検察官に尋問される」
Korean air chief questioned by prosecutors
2018年6月28日のニュース

In South Korea, the founding family behind Korean Air is once again under scrutiny. Prosecutors are questioning the airline’s chairman over suspected tax evasion. It’s the latest in a string of scandals to hit the family.

Cho Yang-ho appeared at the prosecutors’ office in Seoul on Thursday. The National Tax Service has accused Cho and his sister of evading taxes of more than 44 million dollars when they inherited their late father’s overseas assets.

The Cho family made global headlines four years ago with what is now known as the “nut rage” incident. Cho’s eldest daughter ordered a Korean Air plane to return to a gate after throwing a tantrum over how nuts were served.

Then earlier this year, his younger daughter was questioned by police after she reportedly threw water in the face of an ad executive in a fit of rage. Cho’s wife was also questioned by police last month on multiple allegations of assault.

founding family 創業家
member of a founding family 創業家の一員
be under scrutiny 厳しい視線が注がれて
prosecutor 検察官
question someone over- (人を~の件で)尋問する
be questioned by- ~に尋問される、~から尋問を受ける
suspected tax evasion 脱税容疑、
a string of- 一連の~、相次ぐ~
hit 打撃を与える
appear 出頭する、
appear in court 出廷する , appear at the police station 警察に出頭する
the National Tax Service (韓国の)国税庁
accuse 告発する、accuse A of B AをBの理由で責める、非難する
inherit 相続する
late – 亡き(故)…
overseas assets (複数形で)海外資産
make global headlines 世界中で大きく報道される
be known as- ~として知られる
rage 激怒, angerより自制心を失うほどの激しい怒り
“nut rage” incident 「ナッツ激怒」事件、「ナッツ・リターン」事件
gate 搭乗ゲート
throw a tantrum かんしゃくを起こす
earlier this year 今年の中で、今回の脱税事件よりも前にあった
ad executive = advertising executive 広告代理店の幹部
fit of rage 発作的激怒、突然激怒した様子
allegation 容疑
assault 暴行

韓国で、大韓航空の創業家に再び厳しい視線が注がれています。検察は脱税の疑いで大韓航空の会長に事情聴取を行っていて、この一族の痛手となる一連の不祥事に、また新たなひとつが加わりました。
(大韓航空の)チョ・ヤンホ氏は木曜日(6月28日)、ソウルの検察に出頭しました。韓国の税務当局は、チョ氏がきょうだいと共に亡くなった父親が海外に保有していた財産を相続した際、4,400万ドル以上(およそ50億円)を脱税したとして告発しています。
チョ会長の一族をめぐっては、4年前に、今では「ナッツ・リターン」として知られる事件が世界中で大きく報じられました。これはチョ会長の長女が(客室乗務員の)ナッツの出し方にかんしゃくを起こして、大韓航空の旅客機を(いったん離れた)搭乗口に戻すよう命じたものです。
今年に入ってからは、今回の事件に先立って、会長の次女が警察から取り調べを受けました。次女は(会議中に)突然激怒して、広告代理店の社員の顔に水をかけたと伝えられています。さらに、チョ会長の妻も先月(5月)、複数におよぶ暴行の疑いで警察の取り調べを受けました。

-キーワード
string 一連のもの、糸、ひも、 一列に並べる、弦を張る、ひもでつるす

*. a string of scandals 「一連のスキャンダル」

1. pull some stringsは「裏から手を回す、コネを使う」  操り人形の糸(strings)
The restaurant server pulled some strings and gave the couple the best seats in the house.
 レストランの接客係は、特別な計らいとして、そのカップルに店内で一番良い席を提供しました。

pull some strings 裏から手を回す/コネを使う、操り人形の糸[strings]を引っ張る様子から)、ここでは「気を利かせて特別な計らいをする」

2. 動詞、string along (人を)待たせておく、放っておく、だます
The CEO strung along interns with the promise of full-time work.
その最高経営責任者は常勤の仕事を約束しつつ、実習生たちをそのまま働かせました。

サッカーワールドカップ(ロシア大会)で日本は敗退しましたが、全国のファンからは日本代表チームの感動的なプレイに力をもらったという声が聞かれました。
日本はアジアの出場チームの中で唯一グループステージを突破し、世界ランキング3位のベルギーと対戦するチャンスを手にしました。
試合開始から48分(後半3分)、先制したのはサムライブルーでした。原口元気選手がベルギーの守備陣の裏に抜け出し、きれいにゴールを決めました。さらにその僅か4分後には、乾貴士選手のゴールでリードを倍(の2対0)に広げ、ベルギーを窮地に追い込みました。
しかし69分(後半24分)、ヤン・フェルトンゲン選手のヘディングが期せずしてネットの奥に入り、ベルギーに起死回生の1点が入りました。さらに74分(後半29分)、マルアン・フェライニ選手のゴールでベルギーが追いつくと、後半のアディショナルタイムが終わる僅か数秒前にベルギーがカウンター攻撃から試合を決め、3対2で勝利しました。
世界ランキング61位の日本は初めての準々決勝進出を目指していましたが、その夢はまた4年後に持ち越しとなりました。

-キーワード
inspire 勇気づける、元気づける、やる気にさせる、鼓舞する、奮い立たせる、ひらめきを与える、刺激を与える

*. they were inspired by the team’s stirring performance
 ファンたちは、チームの感動的なプレイに「勇気づけられた/元気づけられた」

 ⇒The CEO was known for his ability to inspire confidence among his employees and loyalty among his customers.
 CEOは、従業員には自信を、顧客には忠誠心を吹き込む能力で知られていました

1. 「ひらめきを与える」
 日本語でよく「~に着想する、~に想を得る」といった表現を使いますが、be inspired by …
A love triangle inspired Eric to write his most famous love song.
 恋愛の三角関係に想を得て、エリックは彼の作品中いちばん有名なラブソングを書きました。
A inspire B (AがBに)ひらめきを与える 
 B is inspired by A (BはAからひらめきを得る)、~に着想する/~に想を得る

2. 名詞形inspiration「鼓舞(刺激)する人や物、勇気を与える人や物」
The candidate became the youngest women elected to congress, and an inspiration for young girls nationwide.
その立候補者は議会に選出された最年少の女性となり、全国の少女たちに勇気を与える存在となりました。




Comments

comments

No tags for this post.