入門ビジネス英語 2017/9/4 #入門ビジネス英語 -2
4 月 Lesson41 プレゼンの進め方について説明する

Good morning, everyone. I’m Naotaya Kitano, head of marketing at Yoyogi foods in Singapore. 
First, I’m going to talk about our activities.
And then my colleague Lucy will do a cooking demonstration. We won’t have a separate Q and A session, so please feel free to interrupt us at anytime. We’d like to this occasion to be informal and interactive. After all, this isn’t a shareholder’s meeting, right?
Will we have a chance to try some samples?
Of course you will. That will come immediately after the cooking demonstration. 

+Phrase of the Day
いつでも自由にご質問ください。
Please feel free to interrupt us at any time.
interruptは「話をさえぎる」
(話を)遮ってもよいので質問してください」
hesitate(遠慮する)を使った
Please don’t hesitate to interrupt us at any time.(いつでも遠慮せずにご質問ください)も頻繁に使われます。
ただ、do not hesitate は否定形なので、feel freeという表現のほうが前向きに聞こえるとも言われています。

+Variation
We’re happy to take questions during the presentation.
プレゼンの最中に喜んでご質問をお受けします。
take question (質問を受ける)はよく使われる言い回し。
+Upgrade
-informal 形式張らない
I had an informal chat with my boss about my future career.
 上司と将来のキャリアについて
-shareholder 株主
Our largest shareholder is clearly against the merger.
明らかに合併に反対

◆Tips for Business Communication こんなときどうする?
(1)質問はあとで受けるとき
 最後の質疑応答セッションまでご質問はご遠慮願います。
 Please (1) any questions until the Q and A session at the end.
「ご遠慮願う」からといってPlease refrain from -. (~はお控えください)では禁止事項に聞こえるので、「(状態を)維持する」という意味のholdを使いましょう。
間接的ですが、 feel freeを使って
Please feel free to ask any questions during the Q&A session at the end.

(2)質問を事前にもらっておきたいとき(聴衆が多いときなど)
 ご質問は手元の紙にお書きください。
Please write (2) your questions on the sheet of paper in front of you.

書いた紙をどうするのか、
例えばWe are going to collect them shortly.(追って回収いたします)などと伝えれば親切です。
write down 書き留める
in front of you 目の前の



» 解答を見る


1). hold
2). down

separate 別の
feel free to – 自由に~する、遠慮せず~する
interrupt 中断させる
occasion 機会
informal  形式ばらない、ざっくばらんな
interactive: 双方向の、対話式の
after all つまるところ、結局は
shareholder: 株主 
shareholder’s meeting 株主総会
immediately after - ~の直後に

» 隠す


皆さん、おはようございます。北野直也と申します。代々木食品シンガポールのマーケッテイングの責任者です。まずは、われわれの活動についてお話しさせていただきます。
それから、同僚のルーシーが料理のデモンストレーションを行います。質疑応答の時間は別途設けておりませんので、いつでも自由に質問ください。この機会を形式ばらず、双方向なものにしたいと思っています。つまるところ、株主総会ではありませんからね。
試食するチャンスはあるのですか。
もちろんです。料理のデモンストレーションのすぐあとになります。

No tags for this post.