今週は親元に帰省されますので、「親」を使った言葉です。
今日は、親の七光り
もとは
親の光は七光り  と言います。
略しています。
親の影響力、威光によって子供が恩恵を受ける。
親の名声、地位を子供が大いに利用する。
何故、7なのか?
これは、数が多いと言うことを表し1つの数字だそうです。
親の七光り
そういう実力に見合わないポジションを得るという
表現はあるのかと言いますと、

coattail
コウトテイル
威光、虎の威
元々は、上着の裾、燕尾服
人望、力という意味になります
on his coattails
彼のお陰で
He got his position on his father’s coattails.
もう一つ
父親の名声で現在の成功を得た
He owes his success to his father’s prestige.
プレステージ
こういう訳は教科書的に字面だけ追ったふしが伴います。
もう少し面白い表現は

少し
銀のスプーン
He was born with a silver spoon in his mouth.
高貴な家柄に生まれる
銀器 silverware
シルバーウェア

born with a silver spoon in one’s mouth
《be ~》裕福な[金持ちの・富貴の]家に生まれた、生まれつき金持ちである、
高貴な家柄に生まれた、上流の生まれである、良い星の下に生まれた、
何不自由なく育った
銀のスプーンを口にくわえて生まれた
銀のスプーンを使っているような金持ちの家に生まれた