Unit 6丁寧な命令文-応用編 4-6
Part4 会話が弾む裏ワザ
1). 何でも聞いてくださいね。
2). 旅行の話を聞かせてください。
3). どうぞ、始めてください。
4). どうぞ、開けてください。
5). どうぞ、私の傘を使ってください。
6). 気にしないで下さいね。
7). たまには連絡くださいね。
8). 連絡を取り合いましょう。
9). いつでも電話してくださいね。




» 解答を見る


1). Ask me anything.
2). Tell me about our trip.
3). Go ahead and start.
4). Go ahead and open it.
5). Go ahead and use my umbrella.
6). Don’t worry about it.
7). Don’t be a stranger.
8). Keep in touch.
9). Call me anytime.
「気にしないでくださいね」は、Don’t mind。では英語としては通じません。
Don’t worry about it。が適切です。
似た表現にNever mind. Forget about it,がありますが、
これらは例えば言いたいことがうまく通じず、途中で「今のは忘れて。何でもないです」と話をやめるときに使うものです。
3〜5のGo ahead and-、は、「どうぞ、遠慮せずそうしてください」ということを強調する働きがあります。
付けなくても通じますが、Go aheadがあったほうがフレンドリーです

» 隠す

Comments

comments