ボキャブライダー 2018/4/6 #‎ボキャブライダー 245 「話す」
245 「話す」
speak 話す、言語の音を出す
本質的なイメージは「言語の音を出す」 話す相手がいなくても使えます
誰かと「話す」という意味で使う時は、to, with
He can’t speak because of a sore throat.
喉の痛みでしゃべることが出来ません
sore throat 喉の痛み

talk 話す、言葉でやりとりをする
話す相手がいるイメージの「話す、しゃべる」 一般的に、双方向のやりとりについえ用いられる
Do you have a minute? I want to talk to you.
ちょと時間がある? 君と話したいんだけど

Minami, I need to talk to you.
Sure.
What should I do?
What’s the matter?
I can’t decide what to eat for dinner? 今晩何を食べたらいいのか決められない

say(何かを)言う
言う内容にポイントが置かれるイメージ。
なんて言ったの?
What did you say?
speak, talkはつかいません

The weather report says it will rain tomorrow.
天気予報では、明日雨だと言っています。

「声を出して言う」という文に限らず
The paper says – 「新聞に〜書かれている、新聞に〜と報じている。」

tell 話す、 相手に何かを伝える
相手に何かを伝える。
I told you. 言ったでしょ。 もう言ったでしょ。
相手に内容が伝わったかどうかが大事なんですね。
だから、教えると言う意味にも

Tell me when you will be back.
いつ帰ってくるか教えれ。

「知らせる、告げる」という意味で使われる。最も一般的な単語
伝えることにポイントが置かれ、何かを知りたい場合や、命令や指示の「〜するように言う」

speak
He can’t speak because of a sore throat.
talk
Do you have a minute? I want to talk to you.
say
The weather report says it will rain tomorrow.
tell
Tell me when you will be back.




Comments

comments

No tags for this post.