遠山顕の英会話楽習 2021/1/13 Something New





遠山顕の英会話楽習 2021/1/13 Something New
1月13日 水 / Review and Something New
English Conversation Literacy
新春の詩 “New Year: A Dialogue” by Ella Wheeler Wilcox
エラ・ウィーラー・ウィルコックス
Laugh, and the world laughs with you; Weep, and you weep alone …
笑えば世界が共に笑う;すすり泣けば一人ですすり泣く……
The New Year (新年)が一人の Mortal (命ある者=人間)を訪れるというシチュエーション
いくつもの名を持つその訪問者(=新年)が、固く閉じた扉を開かせようと対話を続けます。
New Year: A Dialogue
MORTAL:
The night is cold, the hour is late,
the world is bleak and drear;
Who is it knocking at my door?
THE NEW YEAR:
I am (1).
MORTAL:
Your voice is strange; I know you not;
in shadows dark, I grope.
What seek you here?
THE NEW YEAR:
Friend, let me in;
my name is (2).
MORTAL:
And mine is Failure;
you but mock the life you seek to bless.
Pass on.
THE NEW YEAR:
Nay, open wide the door;
I am (3).

MORTAL:
But I am ill and spent with pain;
too late has come your wealth.
I cannot use it.

THE NEW YEAR: Listen, friend;
I am (4).

MORTAL:
Now, wide I fling my door.
Come in, and your fair statements prove.

THE NEW YEAR:
But you must open, too, your heart, for I am (5 ).

新年:
ある会話
命ある者:夜は冷え、時は遅く、
世は荒れ果てて物憂い
戸を叩くのは誰か?

新年:
私は「元気」という者。

命ある者:
聞いたことのない声。お前など知らん。
私は暗闇を手探りする者。
ここに何の用がある?

新年:
友よ、私を入れなさい。
私の名は「希望」。

命ある者:
それなら私は「失敗」。
人を祝福せんとしてからかうだけのお前。
消えてしまえ。

新年:
否、大きく戸を開けなさい。
私の名は「成功」。

命ある者:
だが私は病と痛みで疲れ果てている。
その宝物、やって来るのが遅すぎた。
使うことはできん。

新年:
聞きなさい、友よ。
私の名は「健康」。
命ある者:それなら、大きく戸を開こう。
入れ、そしてその口先の言葉が誠なることを示せ。

新年:
しかしその心も開かねばならんぞ、
なぜなら私は「愛」なのだから。

(訳 ヴィンセント・ペン)
Fill in the Blanks!
詩を聴いて、こちらの歌詞の空欄を埋めてください。(答えはこちら)

(1) Good Cheer
(2) Hope
(3) Success
(4) Good Health
(5) Love

    No tags for this post.

    コメントを残す