高校生からはじめる「現代英語」2018/12/26 Auld Lang Syne





高校生からはじめる「現代英語」2018/12/26 Auld Lang Syne
26 水 Winter Special DAY 2
Auld Lang Syne 懐かしい昔(蛍の光)

I hope you can enjoy the spirit of friend in this song.

Today’s song, Auld Lang Syne is probably the most famous song to sing at New Year’s in America. I grow up watching it sung on TV after the Ball Drop in Times Square and singing it at New Year’s party.

Should auld acquaintance be forgot,
And never brought to mind?

And then you grab someone and kiss them.

-Auld Lang Syne, old long since
It’s been a long time since we last met.
最後に会った時から、長い時が経ったね。

Should auld acquaintance be forgot,
古い昔の友だちは忘れられるべきなのか?
And never brought to mind?
そしてもう決して、心、記憶へ運ばれない。思い起こされないべきなのか?

Should old friends be forgotten and should old friends never be remembered?
昔の幼馴染みの事は、すべて忘れてしまうべきだろうか? と質問されれば、「いや、忘れるべきでないと心の中で答えたくなるのでは?
当たり前のことをわざと質問するのは、
修辞疑問文、rhetorical question
レトリック、反語。
acquaintance 現代では少し知っている人。当時はよく知っている人。

Should auld acquaintance be forgot
And days of auld lang syne?
古い昔の友だちは、忘れられるべきなのか? そして昔の日々も

昔なじみは忘れられ、
心に戻っては来ないのか。
昔なじみは忘れられ、
昔の日々とおんなじに。

For auld lang syne, my dear,
For auld lang syne.
We’ll take a cup of kindness yet,
For (the sake of) auld lang syne.
なつかしい昔ののために、親愛なる友よ。my dear friend
なつかしい昔ののために
友情の杯を交わそうよ。

私達は、優しさ・友愛の一杯を今、飲もう
友情に乾杯しよう。昔のよしみで。
We’ll take a cup of kindness yet,
= have a drink to our friendship now.
kindness 優しさ、好意、友情の古い意味も
for the sake of old times 昔を懐かしんで、昔のよしみで

I hope you all understand lyrics.

Should auld acquaintance be forgot,
古い昔の友だちは忘れられるべきなのか?
And never brought to mind?
決して、心へ運ばれずに

Let’s all celebrate your hard work this year by singing this song again joyfully together.




Follow me!

    No tags for this post.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です