高校生からはじめる「現代英語」2019/3/12
12 火 L43 Part1

False information spread online after Osaka quake

False information spread online after in Osaka quake in June 2018
間違った情報がインタネット上で広がった大阪の地震のあと

Following a large earthquake in Osaka Prefecture in June 2018, false rumors about its impact circulated widely on social media.
And many people believed them.
That is according to a study by a team of researchers at the University of Tokyo and a private research firm.
They conducted an online survey of 800 people aged 20 or above who live in the area affected.
In the case of one rumor, 76 of them had been told that the quake had cut off water supplies everywhere in Minoh city.
Many had heard about it online, and nearly two-thirds believed this.
Nearly 40 percent of these who received such incorrect information passed it on to their families and friends without checking if it was true.
The spread of misinformation was likely fueled by anxiety among residents.
“During the disaster, people with good intentions relayed the information they had obtained,” one researcher said.
“But they ended up spreading unfounded rumors.”

alse 真実でない、間違った 
quake 地震(earthquake)
rumor うわさ、デマ 
impact 衝撃、影響(力)
circulate 循環する、流れる
conduct (調査・実験などを)行う 
affect (悪い)影響を与える、(災害・病気が)襲う
cut off water supplies 水の供給を断つ、断水させる
two-third 3分の2(分子が複数の場合は分母の序数が複数形)
uel 燃料(を供給する)、エネルギー源を与える
anxiety 不安(感)、心配
disaster 災害 
intention 意図、何かをintendすること
relay リレーして送る、次へ渡す、pass along
unfounded 基礎、根拠foundationのない、事実に基づかない

2018年6月の大阪府での大きな地震に続いて、その影響についての間違ったうわさが、ソーシャルメディア上に広く流れました。
そして多くの人々が、それらを信じました。
それは東京大学と民間の調査会社の研究者チームによる、ある研究によるものです。彼らはインタネット上での(アンケート)調査を行いました、被災した地域に住む20歳以上の800人の人々の。
ある噂の場合では、彼らのうち76人が(すでに)言われていました、地震で箕面市全域で断水していたと。
多くはそれについてインターネット上で聞いていました、そして3分の2近くがこれを信じました。
このような正しくない情報を受け取った人々の40パーセント近くが、それを家族や友人に渡しました(伝えました)、それが本当であるかどうかを確認せずに。この誤った情報の拡散は、住民の不安感によってあおられたようです。
「この災害のとき、善意の人々が、入手していた情報を次へと渡したのです」とある研究者は話しました。
「しかし彼らは、根拠ないうわさを広げることになってしまいました」




Comments

comments

No tags for this post.