実践ビジネス英語 key phrase 2020-3月





実践ビジネス英語 key phrase 2020-3月

We’re all rooting for you.
私たちは皆、あなたを応援していますから。
2020年03月26日(木)

Right now we’re looking at meeting every two months, although some eager beavers may want to hold sessions once a month.
今のところは、2か月に1度開くことを考えていますが、熱心な人の中には、月に1度会を開きたい人たちがいるかもしれません。
2020年03月25日(水)

I’m interested in reading up on things like digital communication, guerrilla marketing, crisis preparedness, and reputation management.
知識を得るために読みたいと私が思っているのは、たとえば、デジタル・コミュニケーション、ゲリラ・マーケティング、危機管理、それとレピュテーション・マネジメントに関する本ですね。
2020年03月20日(金)

I take my hat off to you.
あなたには脱帽です。
2020年03月19日(木)

As you all know, Alyce’s days with A&A are numbered.
皆さんがご存じのように、アリスがA&Aにいる日も残り少なくなりました。
2020年03月18日(水)

Of course, I say that philosophically now, but when I’m trying to get some shut-eye on a red-eye, it can be a different story.
もちろん、私は今は冷静にそう言っていますが、深夜便で一眠りしようとしている時には、そうはいかない可能性があるでしょうね。
2020年03月12日(木)

Look before you lean, as it were.
いうなれば、倒す前に確認せよ、ですね。
2020年03月11日(水)

They are probably trying to catch forty winks as well.
後ろの人も恐らく、同じように一眠りしようとしているでしょうから。
2020年03月06日(金)

Hurtling through the air in a confined air space with pumped-in oxygen, minimal leg room and limited toilet availability would test the patience of Job.
酸素が取り込まれ、足元のスペースはとても窮屈で、トイレの利用には制限がある狭い空間にいながら空を高速で飛ぶのですから、非常な忍耐力が試されますよ。
2020年03月05日(木)

Did you take a red-eye back to New York after your presentation on the West Coast?
西海岸でプレゼンテーションをしたあと、深夜便に乗ってニューヨークに戻ってきたのですか。
2020年03月04日(水)

    コメントを残す