ニュースで学ぶ現代英語 2022/4/29 (金) 米連邦最高裁 初の黒人女性判事誕生へ


ニュースで学ぶ現代英語 2022/4/29 (金) 米連邦最高裁 初の黒人女性判事誕生へ
-リード
In a historic vote,
歴史的な投票において、
the U.S. Senate
アメリカ議会上院は
has confirmed Judge Ketanji Brown Jackson
ケタンジ・ブラウン・ジャクソン判事を承認しました、
to the Supreme Court.
(連邦)最高裁判所へ(任命することについて)
She will become the first Black woman
彼女は初めての黒人女性となります、
to serve on the top court.
最高裁で(判事として)務める。
approve「承認する」
President Joe Biden’s nominee「ジョー・バイデン大統領に指名された人」は、ジャクソン氏のこと nomineeは「指名された人、任命された人」という意味
動詞の末尾を-eeに変えると、「~される人」を表せます。ここでの動詞はnominate「指名する、任命する」
(be) sworn in「宣誓就任する、就任の宣誓をする」
swear in「(誰かに)宣誓させてそのポストに就任させる」で、受身形の(be) sworn inは「宣誓して就任する」
tweet 「ツイッター上に投稿する」という意味 元の意味は「(小鳥が)さえずる」
historic moment「歴史的瞬間」
take another step「一歩前へ進む」ですが、ここでは「(更なる)一歩を踏み出す」
highest court「最高峰の裁判所」
reflect「~を反映する」なので、ここでは、すぐ後ろにあるthe diversity of America「アメリカの多様性」を反映するという意味になります。
diversity「多様性」の頭の音は、「ダイ」あるいは「ディ」のように発音されます。

コメントを残す