ニュースで学ぶ現代英語 2022/5/5 (木) ロシア産天然ガスめぐるドイツの苦悩


ニュースで学ぶ現代英語 2022/5/5 (木) ロシア産天然ガスめぐるドイツの苦悩
Germany would suffer recession if Russian gas cut off

Leading economic institutes in Germany are warning
ドイツの主要な経済研究所は警告しています、
that Europe’s biggest economy
ヨーロッパ最大の経済は
would experience a deep recession
深刻な景気後退を経験するだろうと、
if it stops importing natural gas from Russia.
もしそれが天然ガスをロシアから輸入することを停止すれば。

joint「共同の」
forecast「予測、見通し」ここでは5つの経済研究所の共同発表を指しています。
Ifo Institute (for Economic Research)「IFO経済研究所」、ドイツを代表する経済研究所
come from -, 「~から発せられる、~によってもたらされる」この共同予測がこれらの研究所「から来ている」ということから、それら「によって発表された」という意味
body「組織、団体」
a total of -, 「合計~の」
in totalを使って、220 billion euros in totalのように言うことも
billion「10億」ですから、220 billionは「2200億」
or「すなわち」言い換えの用法
roughly「およそ、だいたい、約」を示します。
in case 文法的に完結した文を続けて、if「もし~の場合には」
supply「供給」
shut off「遮断する」shut-shut-shut
loss「損失」はまだ起きていないことなので、isではなく助動詞would「~であろう」を使って、
the loss would be equivalent …とすることもできます。
前のセンテンスでGermany’s economy would lose …とあり、the lossが現実に起きた損失ではなく、「その(予測されている)損失」を指していることが分かりますので、ここではisを使っています。

コメントを残す