世界へ発信!ニュースで英語術 2018/10/17recruiting rules to be abolished
経団連 “就活ルール”廃止を決定
RECRUITING RULES TO BE ABOLISHED 「採用ルール廃止へ」
recruiting rules to be abolished
2018年10月9日のニュース

The Japan Business Federation, or Keidanren, plans to do away with guidelines that restrict how companies recruit new graduates. The rules are intended to encourage students to focus better on their studies before entering the job market.

Keidanren Chairman Hiroaki Nakanishi said the federation will no longer require companies to follow recruitment guidelines. They prevent member companies from jumping in and recruiting students who are still in the final stages of getting their degrees. However, many non-Keidanren companies, especially foreign and IT firms, have been recruiting students much earlier. Nakanishi said the guidelines have not been producing the intended results.

Recruitment guidelines were created through an agreement in 1953 among the government, businesses, and universities. The current rules dictate that job interviews begin no earlier than June of the graduation year,

The removal of the guidelines will start with students who will be new employees in spring 2021.


the Japan Business Federation 「日本経済団体連合会(経団連)」の英訳
or すなわち
do away with = abolish 廃止する
guideline 指針、ガイドライン
restrict 規制する
recruit 採用する
graduate 卒業生
how companies recruit new graduates 企業が新卒学生を採用するやり方
be intended to do- ~するように意図されている
encourage A to do- Aが~するよう促す、奨励する
focus better on- より集中する
job market 労働市場
before entering the job market 労働市場に参入する前
no longer- もはや~ない
require A to do- Aが~するよう義務づける
recruitment (企業側から見た)求人/採用、
job-hunting (学生から見た)就職活動
prevent A from -ing Aが~することを妨げる
jump in 割り込む、飛び込む
degree 学位
non – 非~、不~
non-Keidanren companies 経団連の会員でない企業
non-Japanese 日本人でない人、外国人
non-alcohol drink 非アルコール飲料、ソフトドリンク
foreign firm 外資系企業、IT firm 情報技術系企業/IT企業
intend result 意図された結果
through ~によって、~を使って(手段を示す前置詞)
current 現在の
dictate (上から)指示する/指図する、規定する
job interview 就職面接
begin no earlier than June 6月より前に始まらない
removal = abolish = do away with – 取り除くこと、廃止

日本経済団体連合会(経団連)は、企業の新卒学生の採用方法を規制する指針を廃止する方針です。これらのルールは、学生が労働市場に参入する前に、もっと学業に集中するよう促すことを意図しています。
経団連の中西宏明会長は、企業に対して採用指針に従うことをもはや義務づけないと述べました。これらの指針は、会員企業が(学生確保に)飛び込んで、まだ学位取得の最終段階にある学生を採用することを防ぐものです。しかし、多くの経団連の会員でない企業、特に外資系やIT企業は、ずっと早い時期から学生の採用を行ってきました。中西氏は、これらの指針が意図したような結果を生み出していないと述べました。
採用指針は1953年に政府、企業、大学による合意によって作られました。現在のルールは、就職面接を卒業年の6月より前に始めないことを規定しています。指針の廃止は、2021年春に新入社員となる学生から始まります。

-KEYWORD
recruit (新人/兵士を)採用する/募集する、(人を)補充する
recruit 新入社員、新兵
動詞recruit の起源はフランス語で、語源の意味は「再び成長する」

1. was recruited to – 採用された
The IT executive was recruited to reinvigorate the software company and bring it out of the red.
そのIT企業の幹部は、そのソフトウエア会社に再び活気を与えて赤字から脱却させるために採用されました。
reinvigorate 活力・強さ・バイタリティーを授ける
invigorate 活気づける、鼓舞する
bring A out of- Aを…の状況から脱却させる
the red / the black (定冠詞the をつけて、財務上の)赤字/黒字

2. recruit+mentの形でrecruitが名詞化し、「求人」や「人材募集」
Recruitment in the education sector was down for a third straight year after additional budget cut.
教育部門の求人は、追加的な予算削減を受けて3年連続で減少しました。




Comments

comments

No tags for this post.