ニュースで英語 2021/4/21 Golfer Matsuyama Hideki wins Masters





ニュースで英語 2021/4/21 Golfer Matsuyama Hideki wins Masters
松山英樹選手 マスターズで優勝
GOLFER MATSUYAMA HIDEKI WINS MASTERS
2021年4月12日のニュース

We begin with the world of sports. Golfer Matsuyama Hideki has made history, winning the 2021 Masters Tournament. He is the first Japanese to capture a major golf title on the men’s tour and the first man from an Asian country to win the tournament.
The 29-year-old claimed victory in Sunday’s final round at Augusta National Golf Club in the U.S. state of Georgia.
He ran into trouble with a bogey at the par-four start, where his tee shot sailed into the trees. But he birdied at the par-five second, and later at the eighth and ninth holes. Matsuyama finished the tournament at 10 under par, one shot better than Masters rookie Will Zalatoris, who finished second.
Before grabbing the prestigious green jacket, Matsuyama had claimed five wins on the PGA Tour. Even though this was his 10th Masters Tournament, he says he was battling his nerves through to the 18th hole.


We begin with the world of sports. Golfer Matsuyama Hideki has made history, winning the 2021 Masters Tournament.
スポーツの世界から始めましょう。ゴルファーの松山英樹選手が2021年の「マスターズ・トーナメント」を制し、歴史的な快挙を成し遂げました。

make history「歴史を作る、歴史に残る業績を成し遂げる」
「とてつもない偉業をやってのけた」と相手をたたえるときには、
“You’ve made history.”
make political history「政治家として歴史に残る業績を果たす」
make baseball history 「野球史に残る偉業を達成する」
win「勝利する」 win a tournamentは「トーナメントで優勝する」

He is the first Japanese to capture a major golf title on the men’s tour and the first man from an Asian country to win the tournament.
松山選手は男子ゴルフツアーのメジャー大会で優勝した初の日本人であり、このトーナメントで優勝した初のアジア人男性です。
capture「つかむ、獲得する」win「勝利する」の言い換え
capture a major golf title = win a major golf title
「初めて~した~、~として初めて~した人」と言うときに、the first … to …の形が使えます。
「彼はその賞を受賞した初の日本人監督です」
He’s the first Japanese director to win the award.

The 29-year-old claimed victory in Sunday’s final round at Augusta National Golf Club in the U.S. state of Georgia.
He ran into trouble with a bogey at the par-four start, where his tee shot sailed into the trees. But he birdied at the par-five second, and later at the eighth and ninth holes.
29歳の松山選手は、アメリカ・ジョージア州のオーガスタ・ナショナルゴルフクラブで日曜日に行われた最終ラウンドで、優勝を勝ち取りました。
the 29-year-old「その29歳」X-year-oldは「~歳の人」という意味の名詞
Matsuyama, who is 29 years old, claimed victory in …とするより簡潔に表現

claim「主張する」「獲得する」= win
claim victory「勝利(優勝)を勝ち取る」
選挙の報道では「勝利を主張する(自分が勝ったと主張する)、勝利宣言する」
Augusta National Golf Club「オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ」

Matsuyama finished the tournament at 10 under par, one shot better than Masters rookie Will Zalatoris, who finished second.
松山選手は(通算)10アンダーでトーナメントを終えました。2位になったマスターズ初出場のウィル・ザラトリス選手と1打差でした。

rookie「(プロスポーツチームの)新人選手」 recruitから転化した言葉と考えられています。
Masters rookie「マスターズ初出場」
finishの後ろに序数(first, second, thirdなど)着順

Before grabbing the prestigious green jacket, Matsuyama had claimed five wins on the PGA Tour.
松山選手は、権威あるグリーンジャケット(緑の上着)を獲得するまでに、PGAツアーで5度優勝していました。
prestigious「権威ある、名門の、一流の」形容詞。名詞形は、prestige「名誉、威信」
マスターズの優勝者には、ゴルフ界最高の栄誉とされる「グリーンジャケット」(緑の上着)が贈られます。つまり、before grabbing the prestigious green jacket「マスターズ・トーナメントで優勝する前に」
claimも、前に出てきたclaim victoryで使われているのと同じ意味で、「獲得する」
win 「勝利」 名詞

Even though this was his 10th Masters Tournament, he says he was battling his nerves through to the 18th hole.
今回は松山選手にとって10回目のマスターズ・トーナメント出場でしたが、松山選手は18番ホールまで緊張の連続だったといいます。
nerve 「神経」 nerves「神経過敏、神経質」
calm one’s nerves「神経を静める、気持ちを落ち着ける」
get on one’s nerves「かんに障る、神経に障る、イライラさせる」
a battle of nerves「神経戦」
battle one’s nerves through to -「~までずっと緊張状態で戦い抜いた」


最初は、スポーツ界のニュースです。ゴルファーの松山英樹選手が2021年の「マスターズ・トーナメント」を制し、歴史的な快挙を成し遂げました。日本の選手が男子ゴルフの(海外)メジャー大会で優勝したのは初めてで、アジア出身の選手としても初のマスターズ・トーナメント制覇を果たしました。
29歳の松山選手は、アメリカ・ジョージア州のオーガスタ・ナショナルゴルフクラブで日曜日(4月11日)に行われた最終ラウンドで、優勝を勝ち取りました。
松山選手は、1番パー4で放ったティーショットが林に入り、ボギーになってスタートでつまずきますが、続く2番のパー5をバーディーとし、その後の8番と9番でも連続バーディーを奪い、最終的に、マスターズ初出場で2位になったウィル・ザラトリス選手と1打差の通算10アンダーでトーナメントを終えました。
松山選手は、(マスターズで優勝して)権威あるグリーンジャケットを獲得するまでに、PGAツアーで5勝を挙げています。今回で10回目のマスターズ出場でしたが、松山選手は18番ホールまで緊張の連続だったと話していました。

コメントを残す