入門ビジネス英語 2020/4/30 特別編 Day4





入門ビジネス英語 2018/4/30 特別編 Day4
ベンは、自分が13歳でラグビーを始めたのは、どのような理由からだと言っていますか。simply because my public school didn’t have a football club.
サッカーとラグビーの社会的な違いは、今日ではどのようになっていると、ベンは言っていますか。The social distinctions between the two sports still exist, but they’re not as strong as they used to be.

used to -, 以前は〜した
as a child 子供の時
tend to -, 〜する傾向がある
public schools パブリックスクール◆中高一貫の私立学校。(エリート教育を行う)
prioritize 優先する(英 prioritise)
be considered to be -, ~であると考えられている
middle-class 中産階級の、中流
while 一方,〜の間
working-class 労働(者)階級の
be regarded as -, 〜としてみなされる
means 方法、手段
foster 育む
discipline しつけ、訓練
fairness 公平であること
roots ルーツ、起源
be grounded 根ざしている、基づいている
play a major part in – 重要な部分を占める、重要な役割を果たす
as a leisure activity 余暇活動
develop into 発展して~になる、~に発展する
cross society 社会全体で、広く社会で
appeal 魅力、魅了
across society 階層を超えて、階級を超えて
social distinction 社会的違い、社会階層の差 、区別
diverse 多様な、
Not as strong as it used to be. But it’s still regarded as an upper-class sport. Statistically, 43% of England’s national team players went to private school even though only 7% of school children in the U.K. are privately educated. The relevant number for rugby is 37%. And for football, just 5%.

    No tags for this post.

    コメントを残す