ラジオ英会話 2019/5/17 L30 review





ラジオ英会話 2019/5/17 L30 review
L30 今週のReview
Okay, everyone. It’s review time. Let’s face to today’s challenges head-on. This is Rosa Akino.
Chris McVay here. Yes, it’s good to face challenges head-on, isn’t it? Let’s do the review.

-Monday L26
Q1; What did David do in the restaurant?
a). He canceled his order.
b). He asked for some spicy sauce.
c). He cooked a Mexican dish.
-Ready? Let’s go.
David, thanks for taking me to this cute little Mexican restaurant.
It’s my pleasure, Nana. It’s actually my first time here. How’s your burrito?
It’s delicious. The chicken inside is so tender and tasty.
Mine is OK, but it needs something.

Wow, you speak Spanish? And look. The server brought some hot sauce for you.
Yes, this is the kind that Mexicans use. It’s very hot.
Wow, you’re putting on a lot.
Yeah, I like my food super spicy!

-Tuesday L27
Q2: What did Leila’s dad ask her to do at the end?
a). To do the dishes.
B). To go shopping.
c). Lock the door.
-Listen up.
Leila, thanks for that great breakfast. You’re a good cook. Mom is a much better cook. Why isn’t she here?
She wanted to go shopping early with her friend. They’re having a big sale at the mall today.
Mom never tells me anything.
Well, I have to go to work now. Do you have any plans for today?
Not really. Maybe I’ll go to the mall too.
OK. Have a nice day. And remember to lock the door.
I will, Dad.

-Wednesday L28
Q3: Who is Leo Chang?
a). The man’s relative.
b). The man’s ex-colleague.
c). The man’s college old friend.

Hi. Your booth looks interesting. I like the colorful signs and interactive displays.
Thank you, sir. We are a virtual reality company based in Portland.
Your name tag says you are the Marketing Director.
Yes, that’s right. Here’s our company brochure.
Oh, it’s a nice brochure. What? Leo Chang is your company president?
Yes. Do you know him?
Leo is an old friend of mine. We were in the same college dormitory a long time ago.
What a coincidence!

-Thursday L29
Q4: What is the biggest problem facing the citizens?
a). Wild boars.
B). A tight budget.
c). Burglars.
-Okay, guys. Listen carefully.
Madam Mayor, the farmers of this town are going through very tough times now.
I see. Please go on.
More and more wild boars are coming down from the mountains. We need to build a strong fence to protect our town.
Yes, I understand, but our budget is very tight this year.
With all due respect, this is an issue of great importance. Those animals are causing an enormous amount of damage.
OK. Let’s work together to find the best solution

The server brought some hot sauce for you.
給仕係があなたのために激辛ソースを持ってやって来たわ。
Remember to lock the door.
ドアの鍵を閉めるのを忘れないように。
Leo is an old friend of mine.
レオは私の古くからの友人なんです。23%本を読み終えるまで:8分
This is an issue of great importance.
これは非常に重要な問題です。

Okay, everyone, like, we always say, Remember to say your answer out loud, right? It’s very important, when you practice English.
That’s right. You have to relax and jump into the situation, grasp what’s going on, and then English should come out very smoothly and naturally. Do your best!

もしプロになりたいのなら、いいコーチを見つけるのはとても重要ですよ。あなたにすばらしいコーチを見つけました。彼は私の古い友人で、プロとして長い間プレーしていた人です。彼の助けがあれば、あなたは成功すると思いますよ

Ken, we need to talk.
What’s up?

プロとして活躍する(プレーする)play professional
彼の助けがあれば with his help

-simple answer
If you want to become a pro, it is of great importance to choose the right coach.
I’ve found a great coach for you. He is an old friend of mine, and he played professionally for a long time.
With his help, you can be sure of success.

-advanced answer
In order to play at the professional level, it is of prime importance to find an excellent coach.
Fortunately, a good friend of mine, who played on the pro circuit for many years, is now a coach, and I think he would be perfect for you.
Under his expert guidance, I’ll be confident of your success.

プロのレベルでプレーするには、すばらしいコーチを見つけることが最も重要だよ。幸運にも私の親しい友人は長年プロの大会に出たあと、今はコーチになっているんだ。君に最適だと思うよ。彼の専門的指導があれば、君は必ず成功するよ。

» 解答を見る


A1: b
A2: c
A3: c
A4: a

» 隠す


So, Chris, I know you’re really into sports, when you were in college. Do you have any interesting story for us?
Well, actually, talking of excellent coaches, when I went up to Oxford, I was selected for the university table tennis team.
Mmm.
Actually, in reality, my level wasn’t that good.
Oh.
But we were lucky to have Pakistani international with our coach. And he lifted me and the other team members to a really good level. And thanks to him, under his guidance, we thrashed Cambridge every year.
Wow! So you really lucked out with the coach.
I did indeed.
You can make a really big difference.




Follow me!

    No tags for this post.

    ラジオ英会話 2019/5/17 L30 review” に対して1件のコメントがあります。

    1. 倉科 清 より:

      Sallyさん、
      再三のご指導ありがとうございました。ほぼ理解できました。
      いただいた一連の例文を全て転記しました。私の大切な参考書になりました。
      心からお礼申し上げます。

    2. sally より:

      >最後に 、more of a commercial holiday 〜 のフレーズは、moreが、of以下を修飾していると考えてよいですか?

      X’mas is more of a commercial than a religious holiday.

      似た文例を以下に置きます。
      ①This book is more a human drama than a simple mystery story.
       純粋なミステリーというよりは、人間ドラマに重点を置いた本だ。
      ②This book is more interesting than that book.
       この本は、あの本より面白い。

      これらのmoreは、more以下を修飾しているか?というご質問と同じですよね?
      そう聞かれたらどう答えられますか?

      先にも書きましたが、例文でのmoreはthanの相棒。
      X’mas is /[more] of a commercial /[than] a religious holiday.

      ここのmoreはthan以下との比較です。
      more○than△ : △よりももっと(=moreな)○
      moreは、以下に続く品詞次第で形容詞であったり副詞であったりしますが、
      more直後の内容に[より多くの/もっと]と重きを置いた意味にするのがmoreの働きなので、修飾と言えば修飾ですね。

      In Europe, the average person has more of an interest in art.
      ヨーロッパではごく普通の人たちがもっと芸術に興味を持っている。
        ↑
      こういう使い方と同じです。

      moreも辞書を引くとたくさん例文出てますよ。
      ちなみにmoreは名詞もあります。(笑)

      この辺でよろしいでしょうか?

    3. 倉科 清 より:

      Sallyさん、
      この度は、ofとabout について、とてもわかりやすい解説をいただき、本当にありがとうございました。心か
      らお礼もうしあげます。私は、これまでの思い込みから抜け出せそうです。
      最後に 、more of a commercial holiday 〜 のフレーズは、moreが、of以下を修飾していると
      考えてよいですか?

    4. 倉科 清 より:

      Sallyさん、

      aboutの解説良くわかりました。思い込みから脱出します。

    5. sally より:

      倉科さん
      もうひとつだけ手短に。
      >例えば he is afraid of 〜 ならaboutの方がofよりしっくりきます。
      について。

      aboutの原義は「まわり」
      be afraid about X : 「Xの”およそ””大体””周囲”に恐怖を感じる」って、ぼんやりしていてあまりピンときません。

      I know him. : 直接会って喋ったことがある「彼を知ってるよ」
      I know about him. : 人から聞いて知っているけど直接会ってはいない。
      about 8 p.m. : 晩8時頃
      このドンピシャじゃない「頃」「約」「およそ」「まわり」「外濠」感がまさにaboutなのです。

      もし、「about=~について」と理解なさっておられるなら、そこから脱出なさることをおすすめします。


      That’s about it for tonight,
      Sleep tight!
      Sally

      1. fujii より:

        お早うございます。 about の解説、ありがとうございます。
        大西先生よりわかりにくいです!!
        今後とも宜しくお願いします。

        1. sally より:

          え?! 分かりにくいですか?
          分かりにくくて申し訳ありません。
          前置詞とは、基本、場所を表すものです。
          それぞれの原義をお知りになられれば、「この用法は○○」なんて言う呪縛から脱皮できますし、英和辞典の大量の日本語訳にとらわれずに、場面に応じた意味を掴むことができますよ。

          って、釈迦に説法で失礼しました。

          1. fujii より:

            すみませんでした。打ち間違い、タブキーの押し間違いです。証拠写真をアップします。大西先生の説明がわかりにくい!! 毎回、説明の時は、聞き流しています(^^)
            グーグル日本語入力
            許してください。よろしくお願いします

            1. sally より:

              Forget it!
              Not at all!
              もしこれがツッコミならばボケなきゃいけないけれど、ほんとに分かりにくいならますます失礼になるので、大阪人の血が騒ぐところを抑えて、真面目なリプを返してしまいました(笑)

              分かりにくかったんか~~~い!
              分かりやすい の打ち間違いか~~~い!
              どっちやね~~~~~ん!
              と、内心大爆笑していたので、大丈夫ですよ、ほんとに。

              evidenceの写真まであげて下さり恐縮です。
              typoがビジネスのお相手じゃなく、私でよかったですね♪
              安心してぐっすりお休みくださいませ(笑)

    6. sally より:

      失礼します。sallyと申します。
      たまたま見かけてコメントしています。

      of は、繋がり感 です。
      「離れてはいるが繋がっている」
      「独立しているが紐付いている」
      この「繋がりがある」という点から、ofは「所属」「所有」の意味に拡張します。

      X of Y と言えば、Yからびゅ~んと伸びてきた先にXがあるイメージです。
      of は off のように途切れてなくて、細くても繋がっています。
      a cup of coffee : コーヒーから汲み出された一杯。
      a slice of bread : 1斤のパンから切り出された1枚。
      three of them : them(they)の中の3人。
      もう少しいきましょうか?
      the courage of the hero : 英雄から湧いて出てくる勇気
      the window of the room : 窓は部屋から独立した存在だけれど部屋の一部
      the US embassy to Japan : ○ 米から日本に大使館がやって来た
      the US embassy of Japan : ❌ 日本からUS大使館は出てこない

      Yと繋がりがあるX。それがofの基本イメージです。

      flowers in full bloom
      のinは、状態のin。
      She is in love.
      He is in trouble.
      My son is in the third grade.
      「状態・状況」を、「場所や建物」のように考えれば分かりやすいかもです。
      check in the hotel / check out of the hotel
      loveもtroubleも3年生も満開も、ホテルのように考えれば、なぜinを使うのか理解しやすいと思います。花も「つぼみ→満開→萎れる」 ホテルと似てませんか?

      個々の使い方や「なんでofなの?」については、「なんでてゆーても、そう言う言い方するんだから仕方ない」と言うか、慣れるしかないかもですね。他の前置詞や言い回しの方がストンと理解できそうなのに…と思うことは、他にもあると思います。日本語でもそうですし。

      ここで説明するのは限りがあるので、
      あとは、藤井さんにお任せしましょう。
      倉科さんから藤井さんへのご質問ですし、横からお邪魔しました。
      入力ウインドウが小さくて見直しづらく、typoがあればごめんなさい。
      ではでは。

      1. fujii より:

        Sallyさま、解説、ありがとうございます。
        >あとは、藤井さんにお任せしましょう。
        私の追加説明はありません(^^)
        >「なんでてゆーても、そう言う言い方するんだから仕方ない」と言うか、慣れるしかないかもですね
        はい、そう思います。
        今後とも宜しくお願いします

      2. 倉科 清 より:

        Sallyさん、藤井先生、
        「Yの先にビューンとXがある、」とは良い例えで、良くわかりました。
        XもYも名詞であればズバリそうなのでしょうが、以下のようにXが名詞
        ではない場合のイメージを、お手数ですが教示いただけないでしょうか。

        1 This contract is of immense importance.
        2 I’m sure of his success.
        3 X’mas is more of a commercial than a religious holiday.

        1. sally より:

          この3文とも、名詞ですよ~
          前置詞とは、何の前に置いてる詞なのか…「名詞の前」です。

          1. sally より:

            あ、Yを見てました(笑)
            出先で歩きながらでナナメ読みがバレましたね…。
            Xの話ですか?
            1は、契約ですから名詞ですよね。
            2,3は、状態かな。
            確信してる状態
            商業化されてる状態
            でいかがでしょ?

            1. sally より:

              nice of you
              kind of you
              と、同じ感覚でいいとおもいます。
              niceもkindも形容詞です。

              途切れ途切れのリプでスミマセン!!

            2. sally より:

              full of joy
              というのも
              分かりやすい例かもですね。
              今ふっと浮かびました。

              そういう目で今後ofを見ていると、倉科さんはofの達人になられますね(笑)

              おやすみなさい

            3. sally より:

              あ、もしかしてここに引っかかっておられますか?

              (3)のmoreは、thanの相方だと見たら分かりやすいです。
              そうすると(3)も(1)と同じ形ですよね。

              of a commercial
              商業的

              of commercial importance
              商業的に重要である,重要視される

              of immense importance
              計り知れないほど重要である

              どちらもof+noun(抽象名詞)で後ろから形容詞のような役割をしています。
              特徴や性質を表すofの働きのひとつですが、特徴や性質も「X of Y」の「Yの要素X」であり、やはりYからビョ~ンとXが伸びてきたイメージであるのは同じです。

              This is a book of importance.
              これは重要性を持つ書籍だ

              This is an important book.
              これは重要な書籍だ

              My father is a man of ability.
              父は能力を持つ人だ

              My father is an able man.
              父は有能な人だ

              ナンタラ of experiment
              ナンタラ of service
              色々とあります。

              ofを辞書で引かれたことありますか?
              一度ご覧ください。
              辞書は私なんかより優秀ですよ(笑)

              眠い頭で書いているので、夕方のように勘違いしていませんように。。ご容赦を(^^ゞ

    7. 倉科 清 より:

      「ofは名詞で説明する場合に使う、」 との大西先生の説明でしたが、 of のどういうコアイメージ
      からそのように言えるのでしょうか。
      例えば he is afraid of 〜 ならabout の方がofよりしっくりきます。
      例えば this conntact is of immense importance 〜なら in がしっくりします。
      実際に the flowers are in full blloom,. です。

      1. fujii より:

        コメント、ありがとうございます。
        sally 様が答えてくれました(^^)
        大西先生の説明、あまり好きじゃないです。
        今後とも宜しくお願いします。

        1. sally より:

          きゃ〰️
          “様” は、やめましょ~よ。
          こしょばゆいです、藤井大先生!
          Sallyでお願いします。
          (*^▽^)/★*☆♪

          さっきの説明、1ヶ所だけ言い直させて下さい。

          X of Y と言えば、Yからびゅ~んと
          [伸びてきた先にXがあるイメージ]


          X of Y と言えば、Yからびゅ~んと
          [Xが伸びてきたイメージ]

          に言い直します。
          急いでいたので、自分の頭の中の言い回しが定まってないまま書いていて、upしてから読み直したら言いたいイメージと違っていました。

          1. fujii より:

            コメント、ありがとうございます。
            力は上ですので、Sally様で(^^)
            今後とも宜しく!!

        2. sally より:

          藤井さんもでしたか!
          実は私も、大西教とあの放送の空気感が苦手です(>_<)

          Kenに癒して貰っています(笑)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です