英会話 time trial 2022/4/13 D8 番外編





英会話 time trial 2022/4/13 D8 番外編
-Steve’s Advice 何気なく話しかける表現: 番外編
知らない人に何気なく話しかける表現を、ここまでで2つ練習しました。
1つ目は、~, isn’t it?。 相手と共有している状況、例えば天気などを尋ねるときに使えます。
2つ目は、 Hi. 無言で会釈するだけだと、 相手と話したくないのだと思われる場合があるので、落ち着いたトーンでHi. と言うのがおすすめ。
初対面の人との会話を弾ませるための応用表現は、
Do you often -? です。 ここでも、ポイントは相手と共有している状況を取り入れること。
例えば、 飛行機の中での会話では travelやuse this airline などが当てはまりそうです。

-日本と欧米での重要な 「会話文化」のギャップ
「文化」 と聞くと、 食べ物、 音楽などの 「伝統文化」 を思い浮かべるかもしれませんが、 英会話で大事なのは、目には見えない会話文
化 (会話の慣習、定番のやり取りなど)。

What do you do? (お仕事は何をしていますか?) は、日本ではそれほどでもないかもしれませんが、 欧米では一般的な質問です。
皆さんもこの質問に答える準備はしておきましょう。
ベストは、文字通り「自分が何をしている」 のか具体的に伝わる答え方。
I work in the sales department of a cosmetics company.
(化粧品会社の営業部門で働いています)でもよいですが、
I teach history.(歴史を教えています) であれば、よりイメージがしやすいですね。

一方で、 Where are you from? (出身はどちらですか?)は、日本では初対面の人への当たりさわりのない質問かもしれませんが、注意が必要です。 日本で長く生活している外国人は、この質問で疎外感を抱いてしまうかもしれません。 悪気がなくてもいきなり聞くのは避けたほうがいいでしょう。

コメントを残す