Enjoy Simple English 11/10, 23/5/12 (金) The Phantom of the Opera / Episode One オペラ座の怪人 / 第1話


Enjoy Simple English 11/10, 23/5/12 (金) The Phantom of the Opera / Episode One オペラ座の怪人 / 第1話
-Before You Start
Episode
One
dressing room
tailcoat
mask
audience
toad
chandelier
scream
-the Opera
オペラ座
childhood friend
幼馴染み
dressing room
楽屋
gentlemen
gentleman(紳士)の複数形
hid
hide(隠れる)の過去形
shadow

in and out
出入りの出来る
the whole time
終始、ずっと
ghost
亡靈
tailcoat
燕尾服
mask
仮面
every little corner of -.
〜の隅々まで
manager
経営者、責任者
private box
(劇場などの) ボックス席
available
利用可能な
franc
フラン(過去のフランスの通貨)
condition
条件
small part
端役
confidence
自信
passion
情熱
audience
聴衆
went wild –
〜に夢中になった
sound
音がする
toad
ヒキガエル
croak
グ(カエルの鳴き声)
silent
静かな
chandelier
シャンデリア
ceiling
天井
scream
叫ぶ
slip down
滑り落ちる
crash
ガシャン(物が落ちた時の衝突音)

私の名前はラウル・ド・シャグニー。ある日、私は幼なじみのクリスティーヌの舞台を見るために、兄と一緒にオペラ座を訪れました。私は彼女のことがずっと好きだったので、彼女と話ができればと思っていた。その日、彼女はその美しい歌声で皆に衝撃を与えた。私は彼女の声をよく知っていたが、あんなに歌ったのは初めてだった。何年も前に、彼女の父親は、彼女に歌を教えるために音楽の天使を送ると言っていました。彼女はその天使に出会ったのでしょう。
演奏が終わって、私は彼女の楽屋に駆けつけました。しかし、その時、彼女に言う男の声が聞こえた、
“私を愛してください、クリスティーン”
紳士は普通、閉じたドアの向こうでは話を聞かないものだから、私は物陰に隠れていた。愛する女性にそんなことを言ったのは誰なのか、知りたかった。
クリスティンが部屋を出た後、私は物陰から出てきて部屋の中に入ってみた。しかし、誰もいなかった。出入り口は一つしかなかった。そして、私はずっとそのドアを見ていた。もしかして…… ?
人々はオペラ座に住む幽霊の話をする。彼らは彼をこう呼んだ
オペラ座の怪人。黒い燕尾服に仮面をつけ、オペラ座の隅々まで知り尽くしているそうです。その日、舞台の下で一人の従業員が死んだが、誰もがファントムが殺したと言った。
そして数日後、オペラ座の新しい支配人2人に1通の手紙が届いた。
オペラです。そこには、こう書かれていた……。
“5番ボックスは常に私のために空けておくこと。
あなたは私に毎月2万フランを支払わなければならない。あなたは
リードボーカルのクリスティン。この条件を受け入れないと、今夜は悪いことが起こる。”
P.O.と署名されていたが、オペラ座の怪人からの手紙だろうか?
もちろん、マネージャーたちはその手紙を見て笑うだけだった。主役はいつものようにカルロッタで、クリスティーヌはほんの少ししか出演していない。マネージャーたちはというと、自分たちは5番席に座っていた。オペラが始まった。大歓声の中、カルロッタがステージに登場した。彼女は自信と情熱をもって歌い、聴衆は熱狂した。しかし、その時、彼女の口から奇妙な音が聞こえてきた。まるでヒキガエルのような声だった。何度挑戦しても、彼女の美しい声はいつもヒキガエルのように聞こえてしまうのです。
“クロアック!クローク!”
観客はまず驚き、そして静かになった。マネージャーたちは、あまりのショックに席を立つことができなかった。これがファントムの言っていたことなのか?
すると、背後から声が聞こえてきた、
“シャンデリアは彼女の歌が嫌いなんだ”
マネージャーたちは天井を見上げ、悲鳴を上げた。客席の上にある200キロのシャンデリアがずり落ちたのだ。それは大きな音を立てて客席に落ちていった。

No tags for this post.

コメントを残す