Enjoy Simple English 11/8, 23/5/10 (水) Escaping the Sahara サハラ砂漠脱出


Enjoy Simple English 11/8, 23/5/10 (水) Escaping the Sahara サハラ砂漠脱出
-Before You Start
electrician
heat
soldier
tools
rock
roof

the Sahara
サハラ砂漠
the Sahara Desert
サハラ砂漠
Northern Africa
北アフリカ
French
フランス人の
Morocco
モロッコ
Tan-Tan
タンタン(モロッコ南部の都市)
electrician
電気技師
soldier
兵士
further
もっと奥へさらに先へ
ahead
前方に
for a while
しばらくの間
went off the road
(本来の)道から外れた
rock

badly
ひどく
not – anymore
もはや、 今後はもう〜ない
pass by
(そばを) 通り過ぎる
heat

work
(機械などが)機能する
motorcycle
バイク
tool
道具
take – apart
〜を分解する
roof
屋根
on the way to –
(に向かっている) 途中で
taken away
取り上げられて
smoothly
順調に
France
フランス
adventure
冒険

アフリカ北部にあるサハラ砂漠は、世界最大の温暖な砂漠です。暑くて、水もほとんどない。そこで車を走らせていて、車が故障したらどうするのか。これは実際にある男性に起こったことです。 今日は、彼の驚くべき話を聞いてみましょう。
1993年、エミール・レレイというフランス人が、モロッコのタンタンという町から別の町へ向かう道を車で走っていました。エミールは、車が大好きな電気技師でした。その日、彼はクラシックカーを運転していた。タンタンを出発して間もなく、モロッコの兵士に呼び止められた。この先で戦闘があるから、これ以上は走れない」と言われた。エミールは、この先、戦闘があるからこれ以上走れないと言われ、一計を案じた。
「道路を走らない。砂漠を走ろう!」。
しばらくタンタン方面の道路を走ってから、道路を外れて砂漠に入った。しばらくすると、車が岩にぶつかって大破した。もう運転できない。道路を走っていないのだから、誰も通らない。暑い中、砂漠を歩けば、死んでしまうかもしれない。でも、彼には考えがあった。
「この車のエンジンはまだ動くし、タイヤも3本ある。を作ろう。
のバイクに乗る!そして、タンタンに乗って帰ります。”
エミールには10日分くらいの食料と水があった。工具も少しはあった。
エミールは車を分解し、バイクを作り始めた。車の屋根や壁をテントのように使って、日差しが当たらないようにした。
そして、12日間かけて完成したのが、このバイクだった。スピードは出ないし、乗りにくいけれども、ちゃんと動く。彼は思った、
“やっと、砂漠から出られる!”
一日後、タンタンに向かう途中、警察に見つかってしまった。彼はバイクではなく、クラシックカーで入国したため、バイクを運転することはできないと告げられた。エミールは警察に事情を話した。砂漠に帰って壊れた車を見せたりもしたが、それでも法律違反で500ドルほど払わなければならない。
しかも、彼のバイクは取り上げられてしまった。なかなかうまくいかなかったが、砂漠を抜け出せたのはラッキーだった。結局、バイクはフランスに持ち帰ることができた。
現在、エミールはフランス北部に住んでいる。サハラ砂漠での冒険以来、彼は同じタイプの車から別のバイクやボートまで作ってしまった。もちろん、命を救ってくれたオートバイもまだ持っている!

No tags for this post.

コメントを残す